スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | pookmark |

EVERLY BRoTHERS 人工衛星に願いを




好きなことを、好きなだけ

8日、タイに着いた。インドとはまるで違う。
失礼かもしんないけど、僕の抱いていたタイのイメージは、
古ぼけてて、チープで、エロス。
でもそんなタイは空港を降り立って以来今日までどこにもない。
(エロスはあるわ(笑))


旅をしていると感動とか喜怒哀楽みたいなもんが
僕のアイデンティティをバンバンと刺激してくれる。
そんな右脳的な剥き出しの自分に何度も出会うと、
映画のエンドロールや音楽の歌詩や小説のあとがきによくある
スペシャルサンクス的なお礼を伝えるべき人に伝えたくなる。


自由!自由!自由!と思春期から叫び続けてきた。
今、そのゴールを目の前にしている気がする。
もうこれ以上を求めてもバチが当たるだけ。そんな境地。
これまで好き放題、我がまま三昧に生きて来れたのは、
近い人が僕の自由を、呆れながら、諦めながらも、認めて、信用して、応援して、心配してくれたからだ。


僕は思う。


あの人の右頬に不自然なえくぼがなかったら…
あの人が火垂るの墓を見て号泣しなかったら…
あの人がクラウンに足首を轢かれなかったら…
あの人が生まれつき天然パーマじゃなかったら…
あの人が結婚して東京に住んでなかったら…
あの人がアゲハ蝶の幼虫を捨てなかったら…
あの人が海で人生の辛さを語らなかったら…
あの人が泥酔して当て逃げしなかったら…
あの人が左利きでA型じゃなかったら…
あの人が大切なギターを壊さなかったら…
あの人の頭がもう少し小さかったら…
あの人がミッキーを好きじゃなかったら…
あの人が声をからして唄わなかったら…
あの人が日曜日に笑わせてくれなかったら…
あの犬がもっと僕に優しかったら…


いつまでも縛られてただろう。
ドロップアウトせずにまだレールの上を夢もなく歩いていただろう。
色々な経験や風景や環境が連鎖して僕の運命は創られて来た。
そしてそれは好きなことを好きなだけした結果であり、
そこに辿り着かなければならないという僕の使命だったんだと思う。

でもその一方で世界の反対側では重い哀しみでしかバランスを取れない人もいる。
どうしようもない事や変えられない事、
不や非や無のマイナス要素もそこら中にある。
それも忘れちゃいけない。

今度は僕が得たこの自由を誰かのために使う。

ワンダフルライフです。
ワンダフルワールドです。

どうも、ありがとう。
| 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | pookmark |

EVERLY BRoTHERS 人工衛星に願いを




スポンサーサイト

| 22:11 | - | - | - | pookmark |

EVERLY BRoTHERS 人工衛星に願いを




Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

LINK - リンク
PROFILE - プロフィール
NEW ENTRIES - ニューエントリーズ
category - カテゴリー
ARCHIVES - アーカイブス
COMMENTS - コメンツ
TRACKBACKS - トラックバックス