スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | pookmark |

EVERLY BRoTHERS 人工衛星に願いを




祝婚歌

とてもいい詩を見つけたのでここに転載します。

この「祝婚歌」は大正15年生まれの吉野弘さんによって書かれたもので、
よく結婚式のスピーチにも使われるそうです。
またミュージシャン浜田省吾さんの代表曲「悲しみは雪のように」は、
吉野弘さんの詩「雪の日に」にインスパイアされて出来た曲との事です。

読み終わったあと、何かこうすぅっと心が和やかになるのを感じられるはずです。

祝婚歌


二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派すぎないほうがいい

立派すぎることは

長持ちしないことだと気付いているほうがいい

 

完璧をめざさないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

 

二人のうちどちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

 

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで

疑わしくなるほうがいい

 

正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気付いているほうがいい

 

立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には

色目を使わず

ゆったり ゆたかに

光を浴びているほうがいい

 

健康で 風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと 胸が熱くなる

そんな日があってもいい

 

そして

なぜ胸が熱くなるのか

黙っていても

二人にはわかるのであってほしい


吉野 弘



| 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | pookmark |

EVERLY BRoTHERS 人工衛星に願いを




スポンサーサイト

| 23:57 | - | - | - | pookmark |

EVERLY BRoTHERS 人工衛星に願いを




Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

LINK - リンク
PROFILE - プロフィール
NEW ENTRIES - ニューエントリーズ
category - カテゴリー
ARCHIVES - アーカイブス
COMMENTS - コメンツ
TRACKBACKS - トラックバックス